□ 製作進行報告トップ

製作進行報告・2020年6月15日

前回以降の進行内容は下記の通りです。

■『スカイダイバー』1/72完成品の準備をしています

 前回以降も『スカイダイバー』完成品の準備を行っています。引続き『ダイバー』『スカイ1』のパネルラインの整形を行い、さらに全体的に整形を行っています。

■『ポリススピナー』の精細化3Dモデリング、その準備を再開しました

 ここ2ヶ月ほど休止しておりました『ポリススピナー』のイラストレーターを使った6面図作成ですが、先週より再開しています。再開と言いましても『Fusion360』を使いモデリングする際に作業がしやすいよういくつものレイヤーを設定し、基準線や基準ポイントなどの設定を行っている段階です。さらに『ポリススピナー』をイメージしやすいよう、過去3Dプリントまで行った3Dモデルの寸法原図に描かれた図を今回1/100スケールモデルを基準にした寸法に書き換える方法で進めることにしました。

 さらにここ2ヶ月ほど取り組んでいる今年製作の予定に無かった製品の開発ですが、手持ちのさまざまな資料から図面を描きおこし、それを元に3Dモデリングを行っていたモデルの基本的な形状が仕上がりましたので1/2のサイズで3Dプリントしてみたところ、やはり作品内のイメージとはずいぶん違ってしまっているという状態であることが判明しました。イメージだけで図面を起こし、それを立体化したときに起こりがちなことですが、これをソフトウェア上で再モデリングして3Dプリントの繰り返しをしては材料費も時間も無駄になりそうですのでインダストリアル・クレイを使って原寸サイズでイメージに近いモデルを製作、その寸法を元に『Fusion360』で3Dモデリングすることにしました。かなりアバウトなクレイ原型を1日で製作し、それを元にモデリングを開始しています。やはりクレイを使ったモデリングはイメージをとらえるにはとても早く、作業的にも楽しいものです。

 それでは引き続きお付き合いいただけますよう、なにとぞよろしくお願いいたします!

▲過去製作していた『スピナー』の製作用基準図です。やはり車幅関係のバランスが実車と違っていました・・・