□ 製作進行報告トップ

製作進行報告・2018年11月30日

前回以降の進行内容は下記の通りです。

■『スカイダイバー』1/72完成品の準備

 前回までに『スカイ1』本体を含めた製作に必要なパーツのレジンでの型抜きを行いましたが、前回以降は気泡の処理、パーティングラインの処理、パテ整形を行いました。オークション出品発送作業のため、あまり取り組むことができませんでした。

■『ポリススピナー』の3Dモデリング

 前回までにモデル全体への肉厚付け作業を行っていましたが、前回以降はその作業を終え、可動箇所の具体的な機構を設計するために必要な『スライダー』という機能の製作方法を学びました。ある程度理解できたところで、ドアを『スライダー』で開閉するモデリングを実施しました。さらに、『Shade3D』で製作したモデルを流用し前輪カバーとタイヤを可動化しようとしたところ、『Shade3D』で製作したポリゴン状のモデルは『Fusion360』では可動操作できないことが判明し、流用をあきらめ簡易なモデルとしてモデリングを行っています。繰り返しになりますが、可動機構設計のために精密なモデルはまだ必要ないため簡易3Dモデルを使用しています。

■ 『FORM1』の出力テスト

 11月初旬に入手していたレーザー式の3Dプリンターですが、よくよく確認するとメーカー最初期に発売された『FORM1』であって、その後にバージョンアップされた『FORM1+』ではないことが判明しました。とりあえずテスト出力をしたところ出力物が造形テーブルに得られないめ、繰り返し出力テストを行っています。

 また紫外線LED式3Dプリンターにおける露光時間に該当する『レーザー移動速度』に関わるセッティングを調べ、『レーザー移動速度』のバリエーションを算出しました。さらに中古品のため装置内に何か異常がないか、使用されているレーザーが交換可能なのか確認するために、装置を分解してみました。今のところぜんぜん出力されないため、けっこう焦っています。から、LED

■ 『オークション』出品で収納改善を実施

新しい装置や材料、資材、製作に関する書籍・映像資料、サンプル製品など、増えていく一方の物品で仕事部屋も住まいも物の置き場所に困る状態で、さらに、仕事用の書類や資料を探す際、何か作業をする際には、まず物品の移動が必要な上に、探している資料がどこに行ったか分からないなど不便さが極まってきておりました。そこで前回以降は、長らく保管していた物や私物などをヤフーオークションに出品し、スペース確保と合わせて売り上げ起こしを行っています、現在もいくつかのアカウントで出品を続けてていて、スペースが少しずつ生まれています。

それでは引き続きお付き合いいただけますよう、何とぞよろしくお願いいたします。

▲現在『Fusion360』の可動機能を使った機構組み込みの設計準備中です。簡易モデルでおこなっています。
▲『FORM1』の内部です。中古品なのでレジンが中にべったり入っていないかなどを確認しまた。
▲レーザーのパワーが現行品の半分以下らしいので交換できないか考えています。